ひきこもり10年生のリスタート

ひきこもり歴10年が送る人生改革実験

【文体考察】僕?私?俺?ブログに合う「一人称」を分析してみた。

f:id:LeiraWestie:20200430121531j:plain

どうも、レイラ(@LeiraWestie)です。

 

前回「敬語かタメ口か」について分析してみたが、今回は「一人称はどれにするべきか?」を考えてみたいと思う。

 

続きを読む

【文体考察】ブログは「敬語」か「タメ口」どっちを使うべきか?自分に合った特徴を分析してみた

f:id:LeiraWestie:20200425215334j:plainどうも、レイラ(@LeiraWestie)です。

 

俺がブログを書き始めた頃、一番悩んだのが文体に関するものだ。「敬語を使うべきだろうか?」「自分のことをなんて呼べばいいのだろうか?僕?俺?」と、とても悩んだ。

この悩みはブロガーあるあるなのではないだろうか?

 

悩み抜いた結果、俺は「僕+敬語」で書き始めることにした。一番それが無難だと思ったからだ。ただ、書きながら「何か足らないなあ」とか「なんか文章に違和感あるなあ」と思っていた。なので文体を直してみようと思い、様々なブログを読み漁り、読者がどういった受け取り方をするのか分析してみた。

 

そして、見ての通り「俺+タメ口」の形式に変えることにした。正直今でもこれでいいのか悩んでいるが、マシになった気がするのでとりあえずはこれで続けてみようと思っている。

 

というわけで、そこに至るまでのプロセスを振り返りながら、「敬語問題」と「一人称問題」について


個人的に考察したことをまとめてみようと思う。

 

今回は「敬語」に焦点を当てる。

 

続きを読む

子供の引きこもりを長期化させないために親はまず信頼獲得に取り組むべき理由

f:id:LeiraWestie:20200416160611j:plain


もしあなたに子供がいたとして、その子供が引きこもりになったらどう対処するだろうか?無理矢理にでも働かせる?家を追い出す?それとも好きなようにさせる?

これは非常に難しい問題だし、正しい答えは無いと思う。

 

この問題に対して、10年以上引きこもっている俺から一つの意見を述べてみようと思う。俺の経験から思うのは、まず親は「信頼獲得」から始めるべきじゃないかということだ。なぜなら「親子の信頼関係」こそが、引きこもり問題の解決に最も必要だと思うからだ。

 

俺は、自分の引きこもりが長期化した原因として、親子の信頼不足とコミュニケーション不足があると思ってる。そしてこれは、他の多くの引きこもりにも当てはまるのではないだろうかと思う。

 

なので今回はそんな俺の事例から、「引きこもりの親がどうやって子供と向き合うべきか」を考えてみようと思う。

続きを読む

今月もなんとか努力を継続できたけど体調崩したり充実感が無くなったり【成長記録6ヶ月目】【20年3月】

f:id:LeiraWestie:20200408201055j:plain

どうもレイラ(@LeiraWestie)です!

 

世の中はコロナで大騒ぎしていますが、引きこもりの俺には全く影響もなく、ただ何も変わらない毎日を過ごしています。みなさん体調にお気をつけて。

 

2月から努力し始めて、もう2ヶ月もたってしまった。そろそろ怠けだすかと思っていたが、意外と続いている。

今月も色々あったので成長記録を書いていこうと思う。

続きを読む

N予備校プログラミング入門を完全初心者が一ヶ月半で終わらせたのでレビューしてみる

f:id:LeiraWestie:20200403205646j:plain


どうもレイラ(
@LeiraWestie)です!

 

2月からプログラミングを勉強しようとN予備校に入った。受けたコースは「プログラミング入門 Webアプリ」と「Webデザイン HTML・CSSデザイン」。最近ようやく終えたのだが、結構良くておすすめできるものだったので、N予備校に入ろうか悩んでる人の参考になればと、レビューを書いてみた。

 

続きを読む

【これなんて曲?】YouTube動画で流れている曲やBGMを効率よく調べる手順

f:id:LeiraWestie:20200319151926p:plain


どうもレイラ(
@LeiraWestie)です!

 

今では利用してない人はいないのではないかというほど人気になったYouTube。俺も多くの時間をYouTubeに捧げてきた。

 

動画を見てる時に「この曲めっちゃいいじゃん!なんて曲だろ?」と思ったことは無いだろうか?俺もよく、素晴らしい曲に出会うことがある。もし、素晴らしい曲に出会った時に、その曲の名前を調べず、知らないままにしているのならば、あなたはとても損をしているかもしれない。

 

動画から新しい音楽を得ることは、自分の音楽ライフを充実させてくれる。なぜならば、動画はあまり知られてない名曲を教えてくれるからだ。有名な曲はいたる所で知ることが出来るが、マニアックなものは自分で積極的に探しにいかなければ見つけ出すことは困難だ。しかし動画ならば、投稿者の好みで、マニアックなあまり知られてない曲が使われていることがよくある。つまり、動画は新しい曲を知れるチャンスであり、そのチャンスを活かすためには、曲名の調べ方を知っておかなければいけないのだ。

 

俺は調べることが好きで、よく気になった音楽を探していたこともあり、今では動画内の曲をほぼ特定できるようになった。そこで今回は、俺が使っている「曲を特定したい時の調査手順」を教えたいと思う。

 

 

手順1 まず動画の概要欄を見る

まずは動画の概要欄を見てみよう。YouTubeは動画の概要欄を開くと、投稿者が書いた詳細な説明が読める。良心的な投稿者ならば、使っている曲を概要欄に書いていることが多い。書いてある場所は概要欄の一番下に書いてあることが多い。

また、YouTubeの機能で権利者が曲の情報を表示しているものもある。

 

f:id:LeiraWestie:20200319131742j:plain

 

どちらも概要欄を自分で開かなければ見れないので注意してほしい。概要欄に書かれていれば、一発で分かるのでまずこれが最初。

 

手順2 (歌なら)歌詞で検索する

概要欄に書かれていなければ、次は歌詞を聞きながら、出てきたワードを検索にかけてみるのがいい。ただこれが使えるのは、歌がある場合のみだ。手順3の「コメントを見る」よりも先に、これをするべき理由は、こちらのほうが速く確実に曲が特定出来るからだ。

 

やりかたは非常に簡単だ。聞こえてきた単語や文章をそのまま検索エンジンに書き並べて検索をかければいい。使う検索エンジンはグーグルにしておこう。歌詞検索サイトみたいなものもあるが、あれだと一字でもワードを間違えると引っかからない可能性がある。グーグルであれば多少間違えてても、一番近そうなものを提示してくれる。だから、とにかく聞こえたワードを間違っててもいいからいくつか書けば大体うまくいく。

 

例えばこの曲を知りたいとする。(曲のタイトルと映像は見てない前提で)

 

俺が適当に聞こえたワード「共有 マカロン リズム 就職」で検索をかけただけで正解が出てきた。まあこの曲は有名なのでもっと簡単に出るかも知れないが、無名曲でもこんな感じで出すことが出来る。簡単でしょ?

f:id:LeiraWestie:20200319131759p:plain

 

この方法は、外国の曲だと厳しいかも知れない。英語ならば気合でいける時もあるが、K-Popとかだと英語が混じっている曲でなければほぼ無理だ。

 

手順3 動画のコメントを表示してページ内検索

次は動画のコメント欄で曲名を探してみよう。自分と同じように曲名が知りたい人が先に、「曲名教えて下さい!」と質問してくれている場合がある。その質問に、また別の人が答えてくれているのを見つければ良いのだ。

 

やり方は、まずコメントを自分で表示させる。できるだけ多くのコメントが表示されていたほうが良いが、コメント数が多すぎる場合は途中で止めても良い。その後、ページ内検索「Ctrl + F」で、「曲」とか「曲名」とか「なんて」で検索をかけてみる。なぜこのようなワードで検索するかと言うと、質問する人は大体「この曲ってなんていう曲ですか?」というような質問の仕方をするからだ。

 

もし、外国の動画で検索を書ける場合は、英語のコメントが多いため「song」とか「music」で検索をかけると良い。俺の経験上、日本人より外人の方がコメント欄で曲名を質問してることが多い。

f:id:LeiraWestie:20200319134246p:plain

 

このやり方の欠点は、コメントを読み込むのがめんどくさいことと、そもそもコメントで質問している人がそこまで多くないことだ。だから、ちょこっと調べて無さそうだったら、次のやり方にすぐ移ったほうが効率がいい。

 

手順4 拡張機能「AHA Music」を入れる

ここまでやって分からなければ、ツールに頼るのがいい。俺がおすすめするツールがchrome拡張機能「AHA Music」だ。

 

この拡張機能、めちゃくちゃ優秀なのだが、調べても紹介している日本語サイトがほとんどない。だからこの記事は、これを紹介するために書いたようなものだ。

 

やり方は、chromeにこの拡張機能を入れて、動画を再生しながら検索ボタンを押すだけだ。使い方がめちゃくちゃ簡単だし、何よりもデータベースの量がかなり多い。メジャーな曲はもちろん、ユーチューバーが使っているフリーのBGMもこれで見つけられることがある。

 

この曲を知っているだろうか?ユーチューバーがよく動画内で使っている有名なBGMだ。

 

このようなBGMでも、AHA Musicを使えば引っかかることがある。

f:id:LeiraWestie:20200319131749p:plain

 

ただ、色々調べてみたのだが、やっぱり日本人が使っているBGMは引っかかる割合が低いように思える。なので、BGMならばこれを使うよりも「”ユーチューバー名” BGM」みたいなワードで調べたほうが、より確実に見つけられるかもしれない。BGMではなく普通の曲であれば、ほぼこれで引っかかる

 

この調べ方の欠点は、曲が短すぎたり、他の音と混ざってしまうと、精度が落ちることだ。なので、検索ボタンを押すタイミングが少し難しい。

 

ちなみに、俺はこれを4番目の手順として紹介しているが、最初からこれを使うのもありだと思う。ただ俺は、この手の読み込み系拡張機能のセキュリティを気にするタイプなので、使う前に他の方法を試してみることが多い。頻繁に使おうと思っている人も、使ってない間は拡張機能をオフにしておくことをおすすめする。

 

手順5 【最終手段】人に聞く

ここまで来ても特定できなかったのなら、もう詳しい人に尋ねるしか無い。投稿者に直接ツイッターで質問してもいいだろうし、動画のコメントで質問したり、yahoo知恵袋で質問するのでもいい。

 

この方法の欠点は、答えが返ってくるまでタイムラグがあることと、答えてくれる人がいない可能性があることだ。質問を無視されてるかも知れないのに、返事がくるまで待ち続けるのは結構だるい。

ちなみに俺は、人に聞くのが面倒くさいので、手順4の時点で特定できなければ諦めているw

 

分からないことがあったら、すぐ質問してしまう人もいるが、まずは自分で調べる癖を付けたほうがいい。何でもかんでも質問するのは相手の負担になるし、自分で調べることで検索能力が上がって、簡単に見つけられるようになるのでそっちのほうが手っ取り早い。調べてどうしても分からなかった時に、初めて質問するように心がけよう。

 

スマホ向け】アプリを使う(Shazam 、SoundHoundなど)

さて、今まではずっとパソコン向けの内容を書いていた。俺自身、パソコンを使うのがほとんどで、スマホについてはあまり詳しくない。調べ物をするなら、スマホよりパソコンのほうがずっと効率的だ

ただ、スマホユーザーでも調べたい人は多いだろうから、その方法も紹介しておく。

 

基本的には、パソコンとやり方と一緒で、概要欄や検索を駆使して調べれば良い。

ただ拡張機能スマホだと使えないので、その代わりに音楽解析アプリを入れるのがいいだろう。有名なのが「Shazam」「SoundHound」だ。

Shazam - 音楽認識

Shazam - 音楽認識

  • Shazam Entertainment Ltd.
  • ミュージック
  • 無料

 

SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー

SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー

  • SoundHound, Inc.
  • ミュージック
  • 無料

 

これらのアプリはスマホに曲を聞かせればいいので、自分で歌ったり、スピーカーで流したりすることで検索してくれる。まあ俺はスマホを使わないので、詳しくは自分で調べてね。

 

さいごに

ここまで読んだ人は、気になった曲を大体は特定することが出来るようになったと思う。ただこのやり方でも、わからないこともたまにある。なので、もし「もっといい方法あるよ!」って人はぜひ教えてほしい

素晴らしい音楽ライフを!

10年引きこもりの俺が一ヶ月本気で努力したら見えてきた世界【成長記録5ヶ月目 20年2月】

f:id:LeiraWestie:20200315124641p:plain

どうもレイラ(@LeiraWestie)です。

 

俺が本気で努力するようになってから、約1ヶ月がたった。10年引きこもって好きなことしかしてこなかった俺が、1ヶ月も努力できた。たった1ヶ月じゃ大した自慢にならないかも知れないが、俺にとっては奇跡に近い事なのだ。もしかしたら、人生で一番頑張った1ヶ月だったかも知れない。

 

どれぐらい努力したかと言うと、朝の8時から夜の7時まで、昼休み2時間を除いた9時間活動を一日も休まず続けていた。内容はそこまで濃くないが、時間だけは一般人の労働時間ぐらいやっただろうから、引きこもりにしてはまずまずじゃないだろうか。

具体的な活動内容はここを見てほしい。

 

そんな一ヶ月で、俺は様々な新しい経験をすることができた。引きこもりの時では感じることのなかった、嬉しさ、辛さ、驚き、といった感情がたくさん湧いてきた。努力をしたことで、得られたもの、失ったものがあった。今回はそんな「気付き」を、紹介してみようと思う。

 

 

成長をめちゃくちゃ実感できた

この1ヶ月での一番大きな収穫は、「成長を実感できたこと」だと思う。特に何か成果も出したわけでもないのに、自分でも分かるぐらい成長を感じれる。俺みたいな人生が詰んでる引きこもりでも努力したら成長できるし、成長を実感出来ることはこんなにも嬉しいことなんだ、ということを知れたことは自分にとって大きな希望になった。

 

引きこもりって基本的に同じことしか繰り返さないんだよねw。めんどくさいことが嫌いだから、快適なものを見つけたら毎日それをひたすら繰り返す。だから、新しいものを取り入れようとしないし、成長もしない。俺が引きこもった10年間で成長できたことと言えば、「ネットに詳しくなったこと」と「ゲームがうまくなったこと」ぐらいしかない。

それに対して、この1ヶ月で成長できたことはたくさん挙げることが出来る。ブログを毎日書いたり、プログラミングがそこそこ分かるようになったり、ダイエットの知識が増えたり、運動して体力がついたり、他にもたくさんある。

 

成長を感じれると、1ヶ月の密度がぜんぜん違う。昔は一年間なんて本当に一瞬で、気づいたらガキ使の「笑ってはいけない」が始まって、「ああ、もう一年終わるのか」と嘆いていた。今は時間がたつのが遅く感じて、1ヶ月にこんなたくさんの事が出来るのかと驚いている。これを一年続けたらめちゃくちゃ充実するんだろうなという感触が、自分をやる気にさせてくれる。

 

努力というのは、言い換えるなら「新しいことに挑戦しようとする」ことなんだと思う。新しいことに挑戦することで、新しいことを学ぼうとしたり、したこともない行動を起こしたりする。それで始めて成長になる。だから、引きこもりは「なんか努力しなければ」と思うより、「今までやったこと無いことやってみよう」と思って行動したほうが、案外うまくいく気がする。とりあえず何でも良いから、普段の生活を一部変えてみる所から始めれば、「成長する」という感覚をつかめるようになるだろう。

 

でも、成長スピードは落ちてきた

成長を実感できたとは言っても、やっぱり序盤と終盤では感じ方に差があった。一番成長を感じれるのって一番最初なんだよね。自分が経験したこと無いことをどんどん取り込めるから、すごく成長を実感できる。だけどある程度落ち着いてやることが固定化されると、後はじっくりと進んでいくしかないので、成長スピードが一気に落ちる。

努力し始めて最初の一週間は「まだ一週間しかたってないのかよ!時間長すぎw」と喜んでいたのだが、今ではもう一週間なんてあっという間だ。もちろん今でも新しいことを学び続けてるし、十分成長は感じれているけどね。

 

だから、もっと時間が欲しいと思うようになった。あまりにも時間が足りないのだ。成長スピードが遅くなったことで焦りが出てきたのか、「もっと大きく成長したい」「このままじゃやばい」と感じるようになってきた。まさか自分にこんな向上心が生まれるとは思いもしなかった

 

結局、成長というのはそういうことなんだと思う。常に新鮮なことにしか手を出さないのは、楽しくて、自分が大きく成長してるような気分が得られるだろうけど、実際はどれも中途半端で大した能力も付いてない。重要なのは、時間をかけてじわじわ成長していき、気づいたら昔と比べて大きく能力が上がったなという状態になることだ。だから、成長スピードが落ちてきてからが、本当の勝負なのだと思う。

 

やりたいことが次々と浮かんでくる

新しいものを学んでいくと、自分の視界が広がって、やりたいことが次々に浮かんでくる。例えば俺は今、はてなブログの自作テーマをデザインする予定を立てているのだが、これはデザインを勉強してることと、自分がはてなブログを使っていて良さそうなテーマが見つからなかったことがきっかけで浮かんだアイデアだ。

 

引きこもりは、「そもそも自分は何をしたら良いのかわからない」とか「何をしたって将来が見えない」と考えてしまうことが多い。だから何も取り組まなくなってしまうのだが、実際何かやってみるとやるべきことは案外簡単に出てくる

 

こんなことを言うと、中には俺が意識高い人間だからアイデアが浮かんでくるんだと思う人もいるかも知れないが、それは全く違う。むしろ俺は、誰よりも努力も出来ないし、意識も低い。そうじゃないと10年間も引きこもらないw。そんな俺でも、やりたい事が次々浮かんでくるのだから、とりあえず何か行動してみたら、誰だってその先が勝手に見えてくるようになるのだ。

 

自分の能力を過大評価しすぎていたと気づく

これは本当の話なのだが、始める前は自分がもっともっと成長できると思っていた。例えば音楽なんかは昔から得意だったので、「ちょっと勉強して人気曲分析したら、作曲なんて余裕でしょ」と本気で思っていた。しかし実際作曲の勉強をしてみると、まず作曲ソフトの使い方の時点でつまずいてしまったし、コードを勉強してもまったく頭に入ってこない。自分の能力を過大評価しすぎていた。

 

まあ、普通に考えれば当たり前の話ではある。世の中では、才能がある人が一つの分野に多くの時間を費やしているのに、才能のない俺がちょろっと勉強しただけでかなうはずなどないw。でも何故か、やたら根拠のない自信だけはあるんだよねw。これは引きこもりあるあるかもしれない。引きこもりは社会に出て、誰かと競うことをあまり経験しないから、自己評価が高くなりがちになるのではないだろうか。

 

世の中はそんな甘くないし、自分には特別な才能など無い。「俺はやれば出来る子だ!!」はただの幻想ww。そういう現実を知れたことも、また一つ勉強である。

 

結局規則正しい生活が一番きつい

 俺がこの1ヶ月で一番苦戦したのが生活リズムだ。7時半までには起床し、夜中の1時までには寝ようとしているのだが、これがなかなか難しい。長年の引きこもり生活で体内時計がぐちゃぐちゃになったせいで、寝ようと思っても全然眠れない。ベッドに入ってから平気で3時間起きてることもある。起きる方も、睡眠時間が短いのと、目覚ましに慣れてしまったせいで、時間通りに起きれなくなってしまった。一番意味がわからないのが、どんだけ睡眠不足で眠くても、夜になると全然眠れなくなるということだ。俺の体どうなってんの??

 

この1ヶ月はなんとか、朝起きて夜中寝る生活を続けられたが、段々と時間がずれてきてて、終盤は起きる時間が9時とか10時になってしまった。さすがにこのままずるずる引っ張るのはきついので、一度就寝時間を一周させて、また元に戻そうと思っている。

 

しかし、社会で働いてる人達は、どうやって睡眠をとっているのか不思議で仕方がない。寝坊で遅れることが許されない社会では、まだまだ俺はうまく適応できないだろうなと強く実感した。引きこもりにとって生活リズムの改善は、超えなければいけない巨大な壁なのだ

 

体も精神も結構ボロボロ

とても充実した密度の高い一ヶ月を過ごせたのだが、その代償として体に大きな負担がかかった。まず前述の睡眠不足が慢性的に続いたせいで、体力的にきつかった。さらに寝坊で時間が遅れると、それを取り戻そうと焦りが出てきて、これがプレッシャーになってストレスが溜まってくる。

 

さらに、生活が180度変わったことも、結構なストレスだ。だって、前までは一日中好きなことだけやっていたんだから、そんなの一日中勉強とかし出すとそりゃストレスになるに決まってる。

 ストレスのせいかわからないが、胃の調子が悪くなってきたので、ついに胃薬にも手を出してしまった。おかげで胃は良くなったけど。(胃薬ってあんなに効くんだね!)

 

おかげさまで体も精神もボロボロになってしまったが、これは慣れるしか無いんだと思う。引きこもりのようなストレスフリーの生活は、ストレス耐性力を大きく落とす。だから自分自身で少しづつ負荷をかけて慣らしていって、当たり前のように生活と仕事がこなせるような体に変えていかなければいけない。それをせずいきなり働き出すから、体を壊したり精神を病んだりする人がいるんじゃないだろうか。

 

自由時間が少なすぎて楽しみがなくなった

この1ヶ月で一番気になったことがある。それは「働いてる人とか学生って毎日どうやって娯楽を楽しんでるの?」ということだ。というのも自由時間があまりにも少なすぎるのだ。

 

俺は基本、夜の7時に作業を全部終えるのだが、夕食を食べたり、食器洗ったり、風呂に入ったり、歯磨きとかしてると9時ぐらいになる。それでちゃんと寝ようと思ったら、11時にはベッドに入らなければいけない。となると自由時間ってたったの2時間しかないんだよねw。2時間だと出来ることなんて本当に限られている。映画なんて一本見たらそれで終わりだし、テレビ見たり本読んだり音楽聞いてるだけで、2時間なんてすぐ終わる。

でも世の中には、映画とか音楽とか社会情勢とかにやたら詳しい人がいるじゃん?ああいう人達ってどういう自由時間の使い方してるんだろうか?本当に教えてほしい。

 

まあ結局何が言いたいかというと、インプットがめちゃくちゃ不足するということだ。今までは24時間好きなだけネットサーフィンしてたから、やたら詳しくなることが出来た。その感覚で自由時間を使ってしまうと、あっという間に時間が立ってしまい、せっかくの息抜きの時間を無駄にしてしまう。知りたいことはどんどん増えるのに、使える時間はどんどん減っている。だから、これからは自由時間の使い方も工夫して、より効率よくインプットする方法を見つけなければいけないと思っている。

 

引きこもりのみんなも1ヶ月だけ頑張ってみ?

ということで、この一ヶ月で俺が感じたことや気づいたことをあげてみた。これを見た人は、「マイナスポイントばっかじゃねえか」って思ったかもしれないが、そんなことはない。自分の成長なんてずっと感じることもなかったので、成長してる自分が嬉しくなったし、よくわからない向上心も生まれてきた。悪い経験もそれはそれで、自分の足りない所を知れるし、「社会人ってこんなに大変なんだなあ」と感じることができる

 

そもそも、引きこもりは社会的弱者であることを除けば、一番幸せな生き方なのかもしれない。何もプレッシャーも受けず好きなことだけ出来るからね。だから、努力するのは自分から不幸になりに行ってるようなものである。

だけど、そんなことを続けて良くないことは本人が一番良くわかってる。だから一ヶ月だけでいいから、本気で努力してみたらいいと思う。というか、努力じゃなくて、「新しいこと」をするだけでもいい。たった一ヶ月だけでも、多くの新鮮な経験ができるし、自分に足りないものを学ぶことが出来る。それだけでも十分価値があるでしょ?ぜひチャレンジしてみてほしい。

 

俺は今の所、これからも努力を続けてみようと思っている。これからも辛いことがたくさんあるだろうが、どうせ詰んでる人生なので、ここから落ちることもないだろうw。また何か得るものがあったら記事を書こうと思う。

それでは!